忍者ブログ
国画会会員、準会員による展覧会のご案内や、ニュースなどを紹介しています。
Posted by - 2017.09.23,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 国画会事務局 - 2014.03.08,Sat
■会 期■  2014年3月1日(土)~3月15日(土)日・月休廊 ※3月2日(日)は開廊

■会 場■ REIJINSHA GALLERY,Tokyo
       〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-2 みつわビルB1
        地下鉄「銀座駅」B3出口徒歩すぐ



<出品作家>
井山 庄司/ 上野 建三/ 梅澤 希人/ 可世木 博親/ 木村 艶子/ 熊沢 麻衣子/
佐野 惠子/ 築山 洋子/ 津地 威汎 / 堤 建二/ 冨井 綾子/ 野々宮 恒人/
萩原 文好/ 福田 遼子/ 藤岡 泠子/ 前田 昌彦/ 山本 大也 (※五十音順・敬称略)


国画会=国展といえば、現在の日本を代表する公募展のひとつとして有名ですが、その歴史は1918 年に京都の先進的な日本画家たちによって立ち上げられた、国画創作協会の創立に端を発します。当時の彼らは「個性の深化」や「創作の自由を尊重する」ことを標榜しており、西洋文化からも影響を受けながら、純粋に描きたいものを描くことを貫きました。1926 年に2 部としての洋画部が併設され、それが国画会としての元年になります。やがて洋画主体に生まれ変わり、立体や版画も受け入れるようになりました。
90 年近い時を経た今なお、この自由の精神は時代を反映しながら受け継がれており、様々な芸術を咀嚼し、吸収し、そして自身の個性に昇華させた画家を多数擁しているのが国画会です。今回はその中から17 名に小品を中心として出品していただきます。
公募展でのダイナミックな大作とは違う「国画会のチカラ」を、ぜひ直に検証していただければ幸いです。
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
国画会事務局
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]